記事を書いたものの長い間検索流入数が0の記事は、低品質な記事の場合が多いです。
そんな記事を探したいと思っている方に読んで頂きたい記事となります。

以下では、WordPressで過去2年間の間に検索流入数が0の記事を探す方法について書きます。

プラグインを使って記事URLを一括抽出

プラグインのインストール

まずは、WordPressに Export All URLs というプラグインをインストールしてください。

記事URLの一括抽出

記事だけならば、「Posts」をチェック。「URLs」をチェック。そして、公開記事に限定するので「Published」をチェック。「CSV」をチェック。

そして、「Export Now」をクリックしてください。

そして上の方へ出現する「Click here」をクリックして下さい。xxx.csvファイルをひとまず保存下さい。

アナリティクスからURLを抽出

行動>サイトコンテンツ>ランディングページ

を開きます。

次に、グラフの掲載期間を2年間に設定します。

セカンダリーディメンションを「メディア」に設定します。

アドバンスフィルタで、メディアのうち「organic」のみ含む設定にします。

表示する行数を5000にします。

Excel形式でエクスポートし保存します。

一つのファイルへ統合

WordPressで抽出したリストは以下のような感じです。

これを下のように整形します。

アナリティクスで抽出したリストは以下のような感じです。

Bに一つ行を追加して、

=”https://club-eterna.net”&A2

などと入れて、完全のURLを作って下さい。

このリストを、WordPressで抽出したリストへ、シートとしてコピペします。

アクセスの無いURLを抽出

WordPressで抽出したURLリストのシートへ戻り、B行へ以下の数式を入れ、オートフィルします

=IF(COUNTIF(aurl!A:A,A2)=0,“nodata”,“”)

すると、以下のように「WordPressで記事公開したが、検索エンジンからの流入が2年間無い記事」に「nodata」と表示されます。

以上です。

まとめ

低品質記事を発見したくて検索しましたが、中々、私が求めている記事がありませんでした。

そこで以上の方法を思いついた次第です。同様に悩んでいる方がいらっしゃれば参考にしてください。